ホーム>びわの葉ブログ>びわの種>余命3ヶ月と宣告されたすい臓がんがびわの生の種を食べて元気に。
びわの種

余命3ヶ月と宣告されたすい臓がんがびわの生の種を食べて元気に。

昨日(9/17)、びわの生の種を注文された

54歳の女性の方自身の体験談です。

「今年の6月に吐血して病院へ行ったらすい臓がんの末期で

肝臓にも転移しており余命3ヶ月と宣告された。

食欲がなく、口内炎が後から後からできて、ひどい貧血で

フラフラになっていたいたそうです。

「人間はこんなふうに死んでいくのか」と思っていたそうです。

そんな状態の時、びわの生の種がガンに良いと聞き、

朝晩1個づつ毎日食べたそうです。

すると食欲がでてきて、口内t炎もフラフラもなくなって

今は大変元気になったそうです。

ご本人は「酵素なども飲んだが私としてはびわの生の種が効いたと思う」と言っていました。

201391721183.JPG因みに18日が丁度、丸3ヶ月だそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biwagenki.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/32

ページ上部へ