ホーム>びわの葉ブログ>2014年6月

2014年6月

パーキンソン病の歩行困難、顔のこわばりが半年のビワ温灸で改善。

ご主人が歩行困難、顔面のこわばりなどパーキンソン病にかかってしまいました。

心配してくれた友人がビワ温圧器によるビワの葉温灸を紹介してくれました。

そこで毎日約1時間足、背中、腰、お腹、足と基本のツボを中心に行いました。

3ヶ月は毎日、その後1週間に1回のビワ温灸を行い、

6ヶ月でパーキンソン病の症状がなくなっていました。

歩行が以前の正常な状態に戻り、顔面のこわばりが全くなくなりました。

本当に感謝し感動していると東京豊島区の奥様が言われていました。2014628141423.jpg

脳腫瘍がびわの種を毎日1個ずつ3年間食べ消えた。

今日、福島県の60代の女性から電話をいただき

、お姉さんの脳腫瘍の腫瘍が

びわの種乾燥品を毎日1個ずつ3年間食べていたら、

すっかり消えてしまったと喜ばれていました。

念の為に飲んでいた抗がん剤も飲まなくてもよくなったそうです。

お医者さんにもびっくりされたそうです。201462622753.jpg

卵巣がんの術後びわの種茶を飲んで4年間良好な経過。

4年前に卵巣がんの手術をした40代の愛知県の女性が

、東城百合子先生の本を読んで

びわの種がいいと知り

インターネットでびわの種乾燥品を買い求められ

びわの種をミルサーで粉にしお茶パックに入れて沸かし

4年間毎日お茶代わりに飲んでいました。

その間粉末びわの種も食べられましたが

2ヶ月に1回の腫瘍マーカーなどすべての検査数値が良好、

201462319129.jpgお医者さんもこれなら大丈夫と言ってくれているそうです。

びわの種に本当に感謝していると言われていました。

精神病院の医師がビワ温灸を高く評価。

先日埼玉県の精神病院の40代の男性医師が

こんなことを話してくれました

最近うつ病など大勢の患者を見ていたら自分まで

疲れきってしまいひどいうつ状態になってしまいました。

それでなんとかこの状態を脱する方法はないかと考えて

本屋さんに入ると「枇杷の葉パワー健康法」に出合いました。

そこで当会を訪ねビワの葉温灸を3回体験し

死にたいくらい辛かった状態が完全に開放され元気になりました。

早速ユーフォリアQを購入し

自分と患者さんのためにビワの葉温灸を実行しようと言われ、

うつ病など精神病で病んでいる患者さんには

2014612202424.jpg絶対いいと強く語っておられました。

ページ上部へ