ホーム>びわの葉ブログ>2015年11月

2015年11月

足の裏のガサガサの荒れがびわまるを食べて解消した。

秋田県50代男性のお話。

長年足の裏が硬くてガサガサに荒れて悩んでいました。

治療院に行きびわの種の錠剤のびわまるを買い求め1周間朝晩食べました。

すると皮膚のガサガサがみるみる綺麗になってきました。

そしてツルツルの綺麗な足の裏になってびっくりしました。

2015111718320.jpg感謝しています。

ひどい坐骨神経痛がびわ温灸で完治した。

「ひどい坐骨神経痛が3ヶ月間の1週間に一度のビワの葉温灸で完治した」と埼玉県越谷市60代の女性のお話。

昨年の秋急に体が冷えて、腰から足先にかけて痛みが走り、あまりの痛みに動けなくなってしまいました。

病院の整形外科や、接骨院に行っても全然良くならず、困り切ってあまりの痛みに死にたいくらいだと思っていました。

そんな時、知り合いからビワの葉温灸を紹介され、藁をもつかむ思いでビワの葉温灸の施療を受けました。

最初受け終わった時体から水分が出て、シーツがびっしょりぬれて、いかに体が冷えていたのかがわかり、

自分はこれで治ると確信しました。

家ではびわ風呂に入り体を温めながら、1週間に一度びわ温灸を足と腰を中心にしてもらいました。

毎回気持ちが良くて少しずつ治っていくのを実感し3ヶ月で完治していました。

20151110193917.JPG本当に感謝です。

 

「びわ葉」は気管支炎によく効く

せきがいつまでも続く気管支炎に「びわ葉」を使った臨床試験では、

167人にびわの葉の煎じ液を1日3回20日間服用してもらったところ、

完治した人42例よく効いた人60例症状が好転した人35例効果がなかった人30例となり

、全体の82%が有効で、そのうち75%近くがとても良く効いたと報告されています

。副作用が見られず特に咳に強いことが証明された。

 

201511884351.bmp「中薬大辞典」

11センチの子宮筋腫がびわ温灸で3センチになり手術不要になった。

埼玉県越谷市の50代の女性のお話。

保母さんをしている女性が子宮筋腫が大きくなり11センチにもなって

お小水の出が悪くなり医者から手術を受けることを強くすすめられました。

子供相手の仕事で体が疲れるので1週間に1回びわの葉温灸を受けることにしました。

約1年ぐらい通いましたが、そのおかげで体が元気になると同時に子宮筋腫が、

3センチに小さくなり手術が不要になりました。

お医者様もとてもい2015116181150.JPG驚かれました。

ページ上部へ