ホーム>びわの葉ブログ>2016年1月

2016年1月

両足のパンパンな腫れとひどいむくみがたいへん楽になった。

埼玉県春日部市60代男性のお話。

20年ほど前に悪性リンパ腫になり、手術や抗がん剤食事療法、

びわ温灸をなど総動員して治りました。

最近、腎臓が弱ったせいか体全体がむくみ特に両足のふくらはぎから下がパンパンに腫れむくんで困っていました。

友人にビワの葉温灸がいいと聞いてビワの葉温灸を足、腰、背中、お腹、

足と1時間半じっくり施療していただきました。

1回めで足の状態が柔らかくなり、お風呂に入ると初めて汗が出て、今までにない夜ぐっすりと眠れました。

これで救われたと思いました。

2度、3度と施療してもらい足の腫れ、むくみもだんだん楽になり5回の施療でほんとうに楽奇なりました。

2016125192032.jpg気力、体力ともに元気になり嬉しいです。

ビワの葉温灸の劇的効果にビックリ。

昨日、体の全身の疲れとひざの痛み、座骨神経痛、目のショボショボなどで

埼玉県越谷市の70歳の女性がビワの葉温灸器ユーフォリアQによる

ビワの葉温灸を受けに来られました。

その方は30歳の頃疲れ切って困り切った時に、大きいもぐさを頭のてっぺんにのせて火をつけて、

髪の毛が焼けるほどの熱いお灸をし、とても気持ちがよく201612120290.jpg

体の力が抜けてたいへん楽になった経験がありました。

ビワの葉温灸は足から体全体の基本のツボと、とくに頭のツボを集中的に施術しました。

とても気持ちがよく30歳の頃のもぐさのお灸同様体全体の疲れが取れ、

目もはっきり見えるようになり膝の痛みや、座骨神経痛も楽になったとたいそう喜ばれました。

ビワの葉温灸の劇的な効果にびっくりされ、自分でもやりたいと

温灸器ユーフォリアQを購入して帰られました。

今年も花粉症にはびわの種がおすすめです。

今年は暖冬のせいか早めに花粉症対策が必要です。

我が妻はじめ多くのお客様が花粉症の季節になると

粉末びわの種や、びわまる「びわの種の錠剤」を食べて

鼻水、クシャミ、目の痒みなどアレルギーの症状を改善しています。

食べて1時間もすると本当にすっきりします。

食べ方としては朝、粉末びわの種の場合は、スプーンに3~5匙、

錠剤のびわまるは、10~20錠錠食べていただきます。

花粉の飛散の量によって量を増やしたりします。

201611620110.JPGびわの種の効果をぜひともお試し下さい。

「びわの葉のマッサージ」を実行しましょう。

びわの葉を温め皮膚に当ててマッサージするものです。

まず緑の濃い厚手のびわの葉を2枚用意してつやつやした表面をとろ火にかざし、

焦げない程度にあぶります。

これを2枚重ねて両方の手のひらにはさみ、10回ぐらいこすりあわせてから1枚ずつ両手に持ち

、熱いうちに皮膚に密着させて押し揉むようになでます。

最初へその下に1箇所10回ほど押してはなでてマッサージし下腹部全体を行う。

上腹部にも行ない腹部全体を7分位かけて押してもむ

。びわの葉を新しいのに変えて背骨の両側肩、腰、お尻と10分ほど行う。

びわの葉を変えて患部の局所にも行う。

静岡県の金地院ではこの療法で大正時代に結核、小児マヒ、カリエスなど難病奇病、患者20万人が治った。2016111161729.JPG

枇杷の葉茶を飲んで膀胱がんが消えた。

岐阜県大垣市の80代の男性から喜びのハガキをいただきました。

昨年4月、尿に血が混じっていたので大垣の病院で検査をしたら膀胱がんと診断されました。

1日も早く手術を受けなさいと言われました。

10月、11月と検査をしたら、膀胱の写真を撮ったら綺麗に治ってガンが消えていました。

思わず毎日、「枇杷の葉茶」を薬と共に飲んでいたので共に効いて

その結果ガンが治って消えていたのだと思いました。

嬉しくて思わずお礼のハガキを書きました。

2016129562.JPG有難うございました。

ページ上部へ