ホーム>びわの葉ブログ>びわこんにゃくシップ>肺がんの腫瘍が消えた。
びわこんにゃくシップ

肺がんの腫瘍が消えた。

昨年7月病院で肺がんのと診断され腰にも転移していると言われました。

入院して抗癌剤の投与,、副作用で、激しい吐き気、頭痛、倦怠感、胃が荒れてi一時的食事ができなくなりました。

入院から2週間過ぎた頃から胸と腰の2016426174214.JPGびわの生葉のこんにゃく湿布とビワの葉温灸を、娘の勧めで医者に隠れて行いました。

入院生活が長い私は、週末の帰宅が許され家ではビワの葉温灸を、徹底的に行いました。

お陰さまで他の患者さんと違い副作用が少なく吐くのは初日ぐらいで食事も徐々に取れました。

家族も野菜ジュースや体に良い食事を運んでくれ尽くしてくれました。

12月に精密検査を受けましたが、驚いたことに腫瘍は消えていました。

最終検査でも白、闘病生活は辛いものでしたが、半年で退院出来ました。

今でもビワの葉温灸は続けていますが、本当に良かったと思っています。

「岐阜県70代男性のお話。」

お問い合わせびわの葉療法健康会℡048-962-2486

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biwagenki.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/113

ページ上部へ