ホーム>びわの葉ブログ>びわこんにゃくシップ>がんのお手当にびわの葉こんにゃく湿布をしましょう。
びわこんにゃくシップ

がんのお手当にびわの葉こんにゃく湿布をしましょう。

先日びわの葉療法1日講習会に参加された30代の東京都の女医さんが

子宮がんの母にびわの葉こんにゃく湿布を実行したところ、

とても効果があり調子が良くなったと言われていました。

肝臓と腎臓は体の要で、体内で出来た老廃物や毒素を体の外に流し血液を浄化する大切な臓器です。

まず肝臓を30分温湿布して、冷たいタオルで拭きます。

次に腎臓を30分温めて、また冷たいタオルで拭きます。

この腎臓と肝臓のびわの葉温湿布はがんなどのお手当に

免疫力を高めて、大変有効なので2016621185757.JPG是非とも実行しましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biwagenki.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/118

ページ上部へ