ホーム>びわの葉ブログ>2016年9月

2016年9月

足のつりと脊柱管狭窄症の痛みがびわ温灸とビワ温湿布で改善した。

腰部脊柱管狭窄症の痛みと足のつりが酷かった80歳の男性が、

何としても治りたい一心でびわ温灸の施療に来られました。

集中的な施療が必要と感じて毎日の施療を実行しました。

痛みの強い腰とふくらはぎのビワ温灸を実行しました。

びわ温灸後にビワエキスの湿布も行いました。

10日間続けて施療しましたが5日ほどでひどい痛みは取れてきて

足のつりもなくなりました。

そして10日経ったときには完全に痛みが消えていました。

とても喜ばれました。

 

2016924185757.jpg「埼玉県の男性のお話。」

子宮頸がんがびわの種の粉末を食べて劇的に改善した。

30歳の息子の嫁が定期検査で子宮頸がんと診断されました。

腫瘍の数値は10段階で「9」とかなり高いものでした。

親としてなんとかしてあげたいと、びわの種の粉末を勧めました。

嫁は粉末を小さじ3杯を毎日続けて飲むようにしました。

これが奏功し他に何もしていないにもかかわらず定期検査のたびに

腫瘍の数値はぐんぐん小さくなりました。

3ヶ月後には正常の「1」になりました。

私も嫁もびっくりしました。その後すぐに妊娠しました。

びわの種の粉末に本当に感謝しています。

 

 

2016917173542.jpg福島県男性のお話。

びわの葉コンニャク湿布と抗癌剤で肝臓ガンが回復方向へ

長野県の70歳の女性のお話。

今年3月にCT検査で肝臓ガンが発見され、手術が出来なくて、

医者による抗癌剤治療と毎日のびわの葉のお茶の愛飲と

びわの葉コンニャク湿布を肝臓と下腹部に実行してきました。

だんだん肝臓の腫れが引いてきて、腫瘍マーカーの数値も良くなってきました。

本人も気持ちが積極的になり自分で洗濯をするなどなど、体が動かせるようになってきました。

びわの葉コンニャク湿布をする時にも、仰向き寢だけでなく、最近は横向きにも出来るようになりました。

201691419163.jpgだんだん回復しているのが感じられとても嬉しいそうです.。

.また担当医師も良くなりぶりに驚いています。

 

びわの葉のお求めの方は

びわの葉療法健康会米山学

℡048-962-2486

FAX048-962-2487

「長年の喘息がびわの種の錠剤を食べて治った。」と60代女性のお話。

長年季節の変わり目や、疲れた時に喘息が出て苦しんできました。

昨年、友人からびわの種の錠剤のびわまるを紹介されて

朝晩10錠くらい飲むようにしました。

するとだんだん呼吸器系が楽になり、咳も痰も発作も楽になってきました。

3ヶ月ぐらいでほとんど良くなりました。

今も飲み続けていますが、ていますがい飲む量が減りました。

 

20169119232.jpgと60代静岡県女性のお話。

ページ上部へ