ホーム>びわの葉ブログ>2016年11月

2016年11月

びわの葉のお風呂に入り体を芯から温めましょう。

今日は関東地方でも雪が降って急に寒くなってきました。

体も冷える季節です。冷えは万病の元と言われています。

びわの葉のお風呂に入れば、温泉に入ったときのように体の芯から温まり、

湯冷めしにくく入浴後体が軽く感じられます。

皮膚もすべすべして、皮膚病など皮膚のトラブルにも良く効きます。

作り方はびわの葉を、2,3センチに刻み、布袋に入れてよく煮出し

その煮出し汁をお風呂に入れれば

2016112418910.JPGその日からびわの葉のお風呂に楽しむことが出来ます。

是非ともお試し下さい。

今年のびわの種焙煎品ができました。

毎年ご好評を頂いているびわの種の焙煎品が入荷しました。

よく乾燥したびわの種を高温で煎ってあるので

とてもこおばしく美味しく食べやすく出来ています。

そのまま召し上がることも出来ますが、

びわの種焙煎品をヤカンに5個から10個入れて水を入れて煎じてお茶として飲んでいただくのも良いと思います。

ミルサーなどで粉にして飲まれても良いと思います。

一日2粒から4粒を目安にお召し上がり下さい。

お問い合わせ

びわの種焙煎品200g入り3800円「税抜き」

びわの葉療法健康会

℡048-962-2486

20161119185924.jpgFAX048-962-2487

母の子宮がんが手術、抗癌剤と枇杷の葉茶で良くなった。

母が子宮がんを患いました。

その時腎機能が低下して、お医者さんも手術抗がん剤の治療に母が耐えられるか心配されるほどでした。

それでも母は、手術、抗癌剤治療を受けました。

その後母はすぐに「枇杷の葉茶を持ってきて」というので毎日届けました。

1日3リットルガブガブ飲んでいました。

水よりも枇杷の葉茶が飲みたかったそうです。枇杷の葉茶は毒出しにいいと思っていたそうです。

お医者さんを驚かせることが起こりました。

「何だこの腎機能の数値は、入院する前より手術、抗がん剤をやったあとのほうが数値が良くなってるぞ」

と言われたのです。

髪の毛が抜けたもののお医者さんが心配した副作用は一切なく、

腎機能の改善に伴って顔色も良くなって退院、19年経った現在も元気で過ごしています。2016111111850.JPG

 

 

「山梨県50代女性のお話」

びわの葉温灸で、生理痛、頭痛、肩こりが良くなり、宿便が出た。

神奈川県大和市の治療院のお話。

生理痛のひどい40代の女性が来られ1回のびわの葉温灸で、痛みが止まった。

頭痛、肩こりのひどい、女性が、4回の肩周辺のびわの葉温灸で改善した。

また母はお腹中心のびわの葉温灸で、真っ黒のコールタールのような宿便が出て

体が大変軽くなり調子がよくなった2016119162416.JPGと話されていました。

手根管症候群の手のしびれがびわの葉温灸で消えた。

最近、1ヶ月ほど前から手のひらと指がしびれて医者に行きました。

すると医者から手根管症候群と言われて手術した方がいいと言われました。

しかし手術は嫌だったので何か方法はないかと思い探していたところ

友人からびわの葉温灸を勧められ体験してみました。

とても気持ちがよく楽になったので友人にびわ温灸器を借りて

びわの葉温灸を2週間毎日続けてみました。

するとだんだんしびれが取れて消えてしまいました。

とても感謝しています。

 

2016111101035.JPG「埼玉県50代女性のお話」

ページ上部へ