ホーム>びわの葉ブログ>びわの葉茶>母の子宮がんが手術、抗癌剤と枇杷の葉茶で良くなった。
びわの葉茶

母の子宮がんが手術、抗癌剤と枇杷の葉茶で良くなった。

母が子宮がんを患いました。

その時腎機能が低下して、お医者さんも手術抗がん剤の治療に母が耐えられるか心配されるほどでした。

それでも母は、手術、抗癌剤治療を受けました。

その後母はすぐに「枇杷の葉茶を持ってきて」というので毎日届けました。

1日3リットルガブガブ飲んでいました。

水よりも枇杷の葉茶が飲みたかったそうです。枇杷の葉茶は毒出しにいいと思っていたそうです。

お医者さんを驚かせることが起こりました。

「何だこの腎機能の数値は、入院する前より手術、抗がん剤をやったあとのほうが数値が良くなってるぞ」

と言われたのです。

髪の毛が抜けたもののお医者さんが心配した副作用は一切なく、

腎機能の改善に伴って顔色も良くなって退院、19年経った現在も元気で過ごしています。2016111111850.JPG

 

 

「山梨県50代女性のお話」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biwagenki.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/131

ページ上部へ