ホーム>びわの葉ブログ>びわこんにゃくシップ

びわこんにゃくシップ

2センチあった乳癌がびわの葉コンニャク湿布で消えた。

乳房のところに2センチの乳がんが出来ました。

友達からびわの葉コンニャク湿布をすすめられて、

患部のところに表面に核酸を塗ったびわの葉を当て

その上に温めたこんにゃくを当てて30分湿布をしました。

その湿布を昼夜毎日、1ヶ月間続けて行いました。

するとその2センチあった乳がんが消えていました。

とても感謝しています。

 

2016106173733.jpg「60代茨城県女性のお話。」

 

びわの葉のお求めの方は℡048-962-2486

びわの葉コンニャク湿布と抗癌剤で肝臓ガンが回復方向へ

長野県の70歳の女性のお話。

今年3月にCT検査で肝臓ガンが発見され、手術が出来なくて、

医者による抗癌剤治療と毎日のびわの葉のお茶の愛飲と

びわの葉コンニャク湿布を肝臓と下腹部に実行してきました。

だんだん肝臓の腫れが引いてきて、腫瘍マーカーの数値も良くなってきました。

本人も気持ちが積極的になり自分で洗濯をするなどなど、体が動かせるようになってきました。

びわの葉コンニャク湿布をする時にも、仰向き寢だけでなく、最近は横向きにも出来るようになりました。

201691419163.jpgだんだん回復しているのが感じられとても嬉しいそうです.。

.また担当医師も良くなりぶりに驚いています。

 

びわの葉のお求めの方は

びわの葉療法健康会米山学

℡048-962-2486

FAX048-962-2487

がんのお手当にびわの葉こんにゃく湿布をしましょう。

先日びわの葉療法1日講習会に参加された30代の東京都の女医さんが

子宮がんの母にびわの葉こんにゃく湿布を実行したところ、

とても効果があり調子が良くなったと言われていました。

肝臓と腎臓は体の要で、体内で出来た老廃物や毒素を体の外に流し血液を浄化する大切な臓器です。

まず肝臓を30分温湿布して、冷たいタオルで拭きます。

次に腎臓を30分温めて、また冷たいタオルで拭きます。

この腎臓と肝臓のびわの葉温湿布はがんなどのお手当に

免疫力を高めて、大変有効なので2016621185757.JPG是非とも実行しましょう。

先天性水腎症の腰の痛みがびわの葉こんにゃく湿布で治まった。

腰が痛くて病院で検査をしたところ先天性水腎症と診断され。

医者から痛みは腎臓が腫れているからだと言われました。

なにかいい方法がないかネットで調べていたらびわの葉こんにゃく湿布がよさそうだということで

びわの葉を買い求め実行しました。

当ててみるととても気持ちがよく、痛みが引いていきました。お手当で使った葉は真っ黒になりました。

とても楽になって感謝です。

201666191041.JPG「東京都の30代女性のお話」

肺がんの腫瘍が消えた。

昨年7月病院で肺がんのと診断され腰にも転移していると言われました。

入院して抗癌剤の投与,、副作用で、激しい吐き気、頭痛、倦怠感、胃が荒れてi一時的食事ができなくなりました。

入院から2週間過ぎた頃から胸と腰の2016426174214.JPGびわの生葉のこんにゃく湿布とビワの葉温灸を、娘の勧めで医者に隠れて行いました。

入院生活が長い私は、週末の帰宅が許され家ではビワの葉温灸を、徹底的に行いました。

お陰さまで他の患者さんと違い副作用が少なく吐くのは初日ぐらいで食事も徐々に取れました。

家族も野菜ジュースや体に良い食事を運んでくれ尽くしてくれました。

12月に精密検査を受けましたが、驚いたことに腫瘍は消えていました。

最終検査でも白、闘病生活は辛いものでしたが、半年で退院出来ました。

今でもビワの葉温灸は続けていますが、本当に良かったと思っています。

「岐阜県70代男性のお話。」

お問い合わせびわの葉療法健康会℡048-962-2486

びわの葉コンニャク湿布で坐骨神経痛がよくなった

近所に坐骨神経痛の方がいらっしゃり、

「患部にびわの葉の上に熱くゆでたこんにゃくを

タオル3枚くらいに包んで落ちないように固定して

横になっていたら良い」とお話したら

10日間ほどご自分で毎日やった所

痛みがほとんどなくなったと大変よろこばれました。

ページ上部へ