ホーム>びわの葉の歴史

びわの葉の歴史

びわの葉療法とは

「びわ」は誰もが目にする身近な果物ですが、その葉は古くから健康に良いとされ、手軽な家庭療法として親しまれてきました。

びわの葉療法の歴史

びわの画像1

1. 釈迦三千年の仏教医学

インドのお釈迦様の経典(仏典)のひとつ「大般涅槃経」(だいはつねはんぎょう)の中で、びわの木は「大薬王樹」、びわの葉は「無憂扇」と呼ばれ、大変優れた薬効があると伝えられています。

例えば、「大薬王樹、枝、葉、根、茎ともに大薬あり、病者は香をかぎ、手に触れ、舌で舐めて、ことごとく諸苦を治す」と記されています。

また、中国の明時代(1366-1644)に発行された「本草網目」(1956年、季時珍著)の中にも、びわの葉の効用についての記述があります。

2. 奈良時代に仏教とともに中国から伝来 

禅文化研究所の文献によれば、びわの葉療法は鑑真和尚(唐招提寺健立)が中国から日本に伝えたとされています。特に、時の天皇、聖武天皇のお妃の公明皇后が730年に「施薬院」(今の病院)を創設し、そこでも、びわの葉療法がおこなわれていました。

一般には、お寺の僧侶が寺の境内にびわの木を植えて檀家の人々や村人に、びわの葉療法を行い、病人を救ってきました。しかし一般には「びわの木を庭に植えると病人が絶えない」とか「縁起が悪いのでびわの木を庭に植えてはならない」という迷信がありました。

びわの葉療法の例

1. びわの葉を直接患部に貼る方法

びわの葉は色の濃い古い葉を使用します。これを患部に当てて貼っておくと、体温によりびわの葉が温められて薬効成分が少しずつ皮膚から浸透します。

2. 金地院療法(びわの葉をあぶって撫でる方法)

臨済宗の寺、金地院(こんちいん:静岡県引佐郡細江町)で河野大圭(こうのたいけい)師が行った療法で、これにより難病に苦しむ20万人以上の人々が救われたと言われています。

緑の濃い厚手の生葉の光沢のある表面を焦げない程度に火であぶり、2枚合わせて両手で10回ほど擦り合わせ、これを1枚ずつ両手に持って熱いうちに皮膚に直接密着させ、押し揉むようにして撫でます。

撫でる場所はまず腹部を6~7分、丹田とみぞおちを入念に行い、その後、背、肩、腰、尻まで全部で10分程度行います。最後に局所に行います。

3. びわの葉温灸(びわの葉に棒もぐさを使う方法)

びわの生葉に棒もぐさを使用する温灸法で、一般に大変よく普及しています。栃木県真岡市の長蓮寺が発祥の地と言われ、現在はそのお寺出身の濱田峯瑞先生や自然療法研究家の神谷富雄先生が普及しています。

びわの葉を局所やツボに当て、その上に棒もぐさを立てて温灸します。

  1. びわの葉のアミグダリンなどの影響
  2. 棒もぐさによる温灸作用
  3. 棒もぐさの押圧による指圧効果

などがあるとされています。

しかし、煙が出る、においがする、火の粉や灰の始末が大変、などの弱点もあり、特に安全性の面で老人や子供には難しいようです。

びわの画像2

4. びわの葉エキスの温灸(もぐさ式温灸器)

特殊な器具(もぐさ式温灸器)の先端部にびわの葉のエキスを染み込ませ、棒もぐさを使って行います。

びわの葉エキスを使用するため、特に身近にびわの葉のない地域の人々は重宝します。しかし、もぐさを使うので煙やにおいが強く、火の取扱や灰の処理でも苦労します。

5. 遠赤外線式温圧器(ユーフォリアQ)

遠赤外線の熱でびわの葉エキスを蒸気化して皮膚から浸透させます。自然治癒力が活性化されるといわれています。

遠赤外線は他の熱源に比べて深達力が強く、エキス成分を多く吸収させることができるといわれています。

実際に使ってみると、大変に気持ちが良いのが実感できることでしょう。もぐさを使わないので安価であること、灰や火の粉が飛ばず安全であること、などの利点もあります。

このため、自宅やマンションはもちろんのこと、ホテルや病院などでも安心して使用することができます。

講習会・体験会を実施しております!

講習会・体験会へ参加をご希望の方はこちらをご覧ください。

 

各方面で話題のびわの葉療法

本に掲載されました

お医者さんがすすめる代替療法―病院ガイドつき アトピー、糖尿病、ガン...治らないといわれたら読む本(画像)

『お医者さんがすすめる代替療法―病院ガイドつき アトピー、糖尿病、ガン…治らないといわれたら読む本』

帯津 良一 総監修

学研 ¥1,995(税込み)

この本に、びわの葉温圧療法と、びわの葉療法健康会が掲載されています。(216頁)

痛みをとる大辞典(画像)

『痛みをとる大辞典』

帯津三敬病院院長

帯津良一先生編著

この本にビワ葉温圧器療法が紹介されています。

 

ページ上部へ