ホーム>びわの葉の使い方

びわの葉の使い方

今年のびわの種酒「ビワエキス」を作りましょう

今年も枇杷の実のなる季節が来ました。

今年採れたびわの種を使ってびわの種酒を作りましょう。

びわの生の種をホワイトリカー35度に漬けてびわの種酒「ビワエキス」を作ります。

びわの生の種300グラムに対してホワイトリカー35度0.7リットルの割合にします。

包丁などで種に切れ目をつけて果樹酒用の広口瓶に入れます。

それにホワイトリカー35度を入れて冷暗所に6ヶ月から1年置きます。

1年ほどねかせると熟成します。

使用方法としては、

1,飲むおちょこ半分か1杯を水で3から5倍位に薄めて飲みます。はちみつを加えると美味しくなります。

2,外用に使う。ガーゼ等につけて、きりきず、やけど、虫さされ、皮膚のかゆみ、むくみ、痛みなどにとても有効です。

3,湿布、温湿布として腰痛、ヒザ痛、五十肩、難病の場合、肝臓、腎臓のこんにゃく湿布に使い卓効があります。

びわの生の種のお問い合わせ

2016516133644.JPGびわの葉療法健康会

電話048-962-2486。

FAX048-962-2487

1kg入り\4320

詳しく見る

びわの生葉の保存の仕方

詳しく見る

びわの葉のお風呂

詳しく見る

びわの葉茶の作り方

詳しく見る

びわの葉酒(びわエキス)の温湿布

詳しく見る

びわの葉エキスを塗る、当てる

詳しく見る

びわの葉酒(びわの葉エキス)の作り方

詳しく見る

びわの種酒(びわエキス)の作り方

詳しく見る

びわの葉パスターの作り方と使い方

詳しく見る

びわの葉コンニャク湿布のやり方

詳しく見る

ページ上部へ